試験概要

令和のマナー検定: 試験概要

項目 内容
試験方式 試験会場のコンピューター上で解答するCBT(Computer Based Testing)方式
試験時間 50分
問題数 40問前後(選択問題、穴埋め問題)
合格基準 650~800点(1000点満点)問題の難易度によって上下します。
受験料(一般) 3,500円(税込)
受験料(割引受験制度適用) 2,500円(税込)
※MOS、IC3、Microsoft認定資格、VBAエキスパート、コンタクトセンター検定試験、ビジネス統計スペシャリスト、外交官から学ぶグローバルリテラシーの資格を1つでも取得している方は割引になります。 試験当日に合格を証明するものをご持参ください。
割引受験制度について確認する
合格認定 合格した方には、受験から2~4週間後にオープンバッジを発行します。

令和のマナー検定: 出題範囲

令和のマナー検定の出題範囲は以下の通りです。
サンプル問題もご覧ください。

No 大分類(分野) 小分類
1 1日の流れからみる、
ベーシック・ビジネスマナー
  1. あいさつ
  2. 自己紹介
  3. 来客
  4. 訪問
  5. 名刺交換
  1. 会話
  2. 休憩・雑談
  3. 会議・ミーティング
  4. リモートワーク
  5. 退社
2 当たり前に身につけたい、
ビジネスパーソンの基本所作
  1. 身だしなみ
  2. 敬語
  3. 電話
  1. メール・チャット
  2. ビジネス文書
  3. 席次
3 ビジネスパーソンの必須項目、
スタンダード仕事術
  1. スケジュール管理
  2. 仕事の進め方
  3. 整理整頓
  1. アクシデント
  2. クレーム対応
4 大人としてはずせない、
プラスアルファの知識とマナー
  1. 組織
  2. ハラスメント
  3. 会食・接待
  1. SNS
  2. 冠婚葬祭(慶事)
  3. 冠婚葬祭(弔事)

令和のマナー検定: 受験資格

受験資格は特にありません。年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。ただし、試験当日に小学生以下の方は、保護者の同意が必要になります。 また、同じ科目を2回以上受験する方は「再受験に関するルール」に従い受験日を決める必要があります。

再受験に関するルール

  1. 同じ科目を2回目に受験する場合、前回の受験から1日(24時間)待つ必要があります。
  2. 3回目以降の受験は、前回の受験から2日間(48時間)待つ必要があります。

令和のマナー検定: 試験のお申込みについて

試験は最寄りのOdyssey CBT会場で受験いただけます。
試験実施日やお申込み方法は、試験会場にご確認ください。

オデッセイ コミュニケーションズの運営サイト一覧

資格は、その道の専門家たちが、これだけは知っておいてほしいと考えるところを、カタチにしたものです。
オデッセイ コミュニケーションズは、さまざまな分野の専門家たちと協力して、時代が必要とする資格を、皆さんにご提供していきます。
新しい資格を取得することで、新しいキャリアを、そして新しい日本を、切り開いていこうとする人たちを、オデッセイ コミュニケーションズは応援しています。